So-net無料ブログ作成
武井咲と米倉涼子 ブログトップ

武井咲「黒革の手帳」感想!米倉涼子より下手という人がまだいる! [武井咲と米倉涼子]

武井咲(たけいえみ)は「黒革の手帳」ヒロインを演じています。
6話が終え、ハラハラドキドキ!演技について、米倉涼子と比べ、
武井が下手と言ってる人がまだいる。 視点を変えてはどうですか?



武井咲「黒革の手帳」意外な展開へ!




「黒革の手帳」6話見ましたか?

よかったですねえ!

武井咲さんは、回を追うごとに冴えてくるように思いますが?



前回では、いよいよ「銀座一」の「ルダン」売買の契約を

長谷川会長(伊藤四郎)と悪条件で交わすことになりました。


会長からすれば、

「この小娘のどこに3億もの金がだせようか?」

と、腹では、セセラ笑っていただろうにもかかわらず、

元子(武井咲)は、きっぱりと契約に同意したのです。


横で見ていた、議員安島(江口洋介)が猛反対したが、

それを振り切って契約を押し通したのでした。


そして、第6話へと入っていくのです。



6話では、順調であるかに見えた元子の計画に、暗雲が

漂い始めたのです。

中でも、計画を実行するためには、絶対不可欠な


「黒革の手帳」 


が、盗難に遇ったことでした。

荒らされた自宅を、気が狂わんばかりに探すが

とうとう見つけることができませんでした。



四方八方、思いをめぐらすが、疑心暗鬼がつのるばかり。

会長への3億の支払いが迫っていることをおもうと、

元子は気が気ではありませんでした。


どうしよう! 期限を遅らせてもらうしかない!


会長へ電話するが、連絡がどうしてもとれない。


思い余った元子は安島に相談したのでした。


彼の計らいで会長との契約は、なかったことになった。

しかし、元子にとって驚くことが、知らされたのです。


「黒革の手帳」を、人をして盗難に入らせたのは、

なんと、長谷川会長その人だったのです。


itou①.jpg



安島は長谷川会長を「政界や財界」、

さらには「裏の世界(やくざ)」

をもあやつる


「日本のドン」


だと言った。


彼にさからって、「銀座一」 になるなどは不可能だと

元子をいさめたのです。



eguti1.jpg



そして、数日後、さらに驚く事態が元子を待っていました。


元子が、開店前、従業員とあいさつを交わしていたところ、

大声を挙げて入ってきたのが、元子が銀行員時代の上司だった

村井(滝藤健一)だったのです。


takimura1.jpg



「この店の店長を任された」 と、誇らしげに、元子に告げたのです。


「店の話は、解決済み」であることを元子は反論したのですが、


「契約が一方的に破棄されたときは、店を明け渡す」

という条件だけは残されていたのです。


村井は、条文を書いた「契約書」をこれみよがしに、

広げて見せました。



そのあと、村井は、

「この店のママも、今日からこの人になってもらう!」

と、仰々しく階段の上を見上げました。


そこへ、静かにドレス姿で降りてきたのは、誰あろう、

元銀行員時代の同僚・山田奈美子だったのです!



sinmama①.jpg




予想もしなかった、長谷川会長の「不意打ち」に

歯ぎしりする思いだっただろう元子の心の内は・・・・!



6話はここで、終わりました。



武井咲を米倉涼子と比べまだ「ヘタ」という人がいる!





かつて、同じドラマでヒロイン演じた米倉涼子さんを

引き合いに出して、「武井よりいい」 と褒める

人が、ネット上に、なおチラホラ見えますね。


yonekura2.jpg




最初の頃は、テレビ関係者だとか名乗る人が

「武井に悪女は務まらない・・」

「武井にはカンロクがない・・」

「小娘感が抜けない・・」

・・・・等々。


挙句には、ライターとかいう人が、

「ダイコン」「ヘタ」 と

つらつらと、アクタイをついていました。


黒革の手帳は、松本清張の名作だけに、これまで

何度かドラマ化されてきました。


ボクはサスペンス好きなんで、「米倉涼子」

主演のドラマ(2004年)「黒革の手帳」も

たぶん、見ていると思うのですが、何分十年以上

も前なんでほとんど覚えていませんでした。(苦笑)


これまで、複数のベテラン女優が、この「黒革の手帳」

のヒロインを演じてきているだけに、武井咲さんも

やりにくいだろうなと思います。



事実そんなコメントをしていたみたいですね。

米倉涼子さんは、同じ事務所の先輩にあたるとか

いうことでしたので、なおさらのことでしょう。


けっこう「プレッシャー」も感じていたと思うのですが、

今回のヒロイン役は、決して「ヘタ」とか「ダイコン」

というのは当たらないと思っています。


ちなみに、映画や、ドラマに関する「賞」を

この2~3年で、軒並みに受賞しています。



 <1例を出せば、>


①日本アカデミー賞の新人賞。

②日本映画批評家大賞 の新人賞。



① は、国際アカデミー賞に倣って作られた栄えある賞です。


② この賞は、「淀川長春」「水野晴郎」「小森和子」

という、つい先ごろまで、最先端で活躍していた

評論家たちの提案で創設されたものです。 


この賞は、

「批評家による批評家だけの目で選んだ他に類を見ない賞」

として、創立されました。


ボクは、② 番の賞に注目しています


この賞の「新人賞」は、


・剛力彩芽(24)

・黒木 華(27)

なども受賞しており、のちに、黒木さんは、


日本アカデミー賞・ 「最優秀助演女優賞」も

受賞して話題になりました。



賞については、この辺で置きますが、武井咲さんは、

これらを見ても、決して「ダイコン」や「ヘタ」などでは

ありえないと思います。


もしそうだとするなら、武井咲さんに「賞」を与えた

審査員の「目」は節穴だったということになりましょう。

それがたとえ「新人賞」であったとしてもです。


「米倉涼子」さんも、いろいろ「賞」を

受賞してますし、たしかに、それなりの「ウマサ」

はもっていると思います。


しかし、「黒川の手帳」に限って言えば、やはり違うのです。



両者の演技は、ボクは、あえて互角と言いたいのです。


武井咲さんには、米倉さんのような大まかで

粗野というか、ドタバタした印象はありません。

また、他の人の言う図太い貫禄を出せと言われても、

それは、無理かもしれません。


逆に、容姿端麗な美貌を持つ銀座クラブの若いママとしての魅力は、

米倉さんの及ばないところだろうと思います。


要するに、簡単に言えば、両者の「持ち味」の違いではないでしょうか。



また、「黒革の手帳」の内容がどう脚色されているかにもよります。


銀座1のママにのしあがろうとなりふりかまわず、

つき進む野心家の女として描いたものであれば、

米倉涼子さんは、ズバリこの役に、ハマっていると思います。


しかし、銀座1を目指しながらも、微妙な女心や、

ささやかな良心の揺れを持つ人間としての女性を

描いたものであれば、武井咲さんに軍配が上がるでしょう。



ぼくは、武井咲さんの微妙な目の演技に、どこか、

悪女以外の「優しさ」を感じるのです。

「目は口ほどに物を言う」 

と言いますが、武井咲さんの演技は、あの特徴的な目

見事に表れているように思います。


なので、演技について、二人だけを取り上げて

かたづけられることではないとボクは思っています。


このドラマがどう脚色されているかにも、

当然関わってくることなのです。


これが、今回の黒革の手帳を見たボクの感想です。


余談ですが、武井咲さんと米倉涼子さんを比較するなら、


米倉さんが、

「野獣のライオンと」すれば、

武井さんは、

観客の中を騎手と共に入場する

「サラブレッド」 の印象があります。

もちろんこれは、あくまで、ボクの個人的感想ですが。




さて、いよいよ終盤に向かいますが、

結末はどうなのか? 楽しみですね。


皆さんは、結末を早く知りたくてネット上で

情報をさがしていませんか?

でも待って下さい!

先に知るほどつまらんことはないですよ。


先回りして、あとで、ガッカリされないように!


くれぐれも~~。


それから、最後になりましたが、次回の放送は

何かの都合でその次の週に延期されているとか

聞きましたので、一度調べて下さいね。



では、今日はこのへんで・・・・。












nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
武井咲と米倉涼子 ブログトップ











エンタメ(全般) ブログランキングへ

<プロフィール>

タスケ

abata-①.jpg

関西在住の元カメラマンの端くれです。 

  内臓 壊して現在 自宅療養中です(笑)

高校時代,体操クラブで国体までいったのに、手の負傷で挫折。

大学受験で,東大しか頭に無い指導教師に絶望、そして挫折。

証券会社に就職するも、興味が持てず1年で退職。

挫折が続きました。

その後、写真家へ方向転換。 


しかし、過労で闘病(現在自宅にて)。・・・すべて挫折のダメダメ人間です。    


もうおそいかなあと思いつつ・・・・・・。

今からやり直し人生

を考えているところなのです。

ほんとは、やりたい!思いっきり!

こんなボクの<ささやかな願望>と

<励ましてくれる情報>

発信しています・・・!



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村


<<読まれています>>


ki.jpg
●木村文乃ドラマ「銭の戦争」の感想・透明感抜群の美女!

ヨガ.jpg
●瞑想:超簡単、奇跡的やり方発見しました!

●ピース又吉・小説火花の感想・絶賛!

●大島優子・「銭の戦争」演技ダントツ!

●東京芸術大学入試・挑戦10回30歳で合格! 

ふなっしー・阿川佐和子対話!笑って泣いて大感動!
堀北真希・霧の旗感想・みごとベテラン女優へ!

ノンスタイル石田催眠術閉所恐怖症完治

誰でもできる超簡単瞑想法

末期ガンを自分で治す!

   
太助さんの画像
nice! 26
記事 405
テーマ 健康
プロフィール
ブログを紹介する?




















外為ジャパンの特徴 ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0