So-net無料ブログ作成
一日一食 ブログトップ

一日一食・痩せすぎた医師たちの誤り?筋肉量とバランス! [一日一食]

一日一食や、小食を徹底したらどうなりますか?
甲田医師とか小倉医師は、明らかに痩せすぎた
医師でした。 体全体の筋肉量が少な過ぎたと
言えるようにおもうのですが・・・・。



「一日一食 を一生続ける」 ことへの疑問




まず写真をご覧ください。



kouda②.jpg
(甲田光雄)著書ヨリ



ogura②.jpg
(小倉重成)(東洋医学ヨリ)

(元の写真をケイタイで撮り直したものですから、ハッキリしませんが、
ご辛抱下さいね)



この写真の先生は、食事療法で
病気や難病を治してこられた

「甲田光雄=大阪」 
「小倉重成=千葉」

の各先生方です。

残念ながら、お二人共すでに、故人となっておられます。


このお二人は、「少食」 という食事療法で
難病を治すという点では、日本でおそらく、
5本の指に入る先生方だろうと思います。


関東には、「森下敬一」 という世界的権威者の先生が、
おられます。


しかし、ここでは、自らも、少食 を実行しているという点で、
前者、お二人の先生を取り上げます。



どうですか、上 ①② の写真。  
けっこう痩せて見えませんか?


前述しましたように、お二人とも、
もはや故人となっておられます。


私は、両先生にお会いしていますが、
数年前、甲田先生にお会いした時は、

ほお骨がめだち、すごく痩せておられるなあー!
という印象が強くありました。


小倉先生の場合も、やはり同じでした。


小倉先生のマラソン姿の写真をみますと、
ハダカ上半身の あばら骨 が、クッキリと、
胸をきざんでいます。


アフリカの奥地の貧困層では食べる物に事欠いて、
今日も死者が絶えないという状況が、続いているそうです。

以前写真で見たことがありますが、

飢える子供たちのあばら骨は、
もう、骨とスジになってしまったかのようで、
まるで、「がい骨」 を思わせる様相を呈しております。


上の小倉先生の写真でも、胸を見ると、
かなりそれに近いものを感じてしまいます。



「じゃあ、やせてどこが悪い・・・・」
「元気で、健康そのものだから、いいじゃないか・・・・!」


と、みなさんは思われるかも知れません。
私も、最初はそう感じていました。


ところが、時を経るにしたがって、
「痩せることへの疑問が生じはじめたのです」

世の長寿者といわれるような人たちは、
そのほとんどが、ややふっくらとした顔立ちで、

どちらかというと、小太りのいい感じの相を
している人が多いように感じます。


一日一食を本にして出された 「南雲先生」は、
外観のことを、とても強調しておられますが、

わたしも、外観、特に、人相学から見た「人の顔の相」
が気になっておりました。


「一日一食」を含む「小食」を甲田、小倉、

両先生のように、徹底されたら

「痩せすぎ」の状態になってしまいます。


人には、その身長の高さに見合った体重というのが
あります。


この先生がたの場合、その身長の高さに見合った

体重をはるかに超えてしまっていたのではないか?


「小食に医者いらず」 といわれるように、

小食の人は、病気にかかりにくく、

概して、長生きする人が多いとも言われます。




そう言う意味では、

甲田先生も、小倉先生も、もっと

長生きされると思っていました。


ところが、

小倉先生は、70、
甲田先生は、80代前半、

で亡くなっておられます。


これは、「厳しい小食」 によって、

痩せすぎ、つまり、身長に対して体重が
極端に減りすぎたせいではないかな!?

と思うのです。


これは、筋肉の量が、人の病気や生死に

大きく関わっていることを、医師の多くが
語っていると知ったからです。


一日一食や、小食は、つまるところ

バランスの問題だろうというふうに、

今では、納得しています。





nice!(0) 
共通テーマ:健康

「一日一食」をススメル理由! [一日一食]

こんにちは。


「少食」 を説くには、やはり、タイミングというものが、あるように思います。

ご存知のように、数年前、 「南雲吉則」 というお医者さんが、

出した 「一日一食」 の本が、大ベストセラーになりました。

この時、いよいよ 「少食時代 がやってきたなあ!」

私はそう思いました。 


これまでは、「豊食」 の時代であり、「グルメの時代」でした。


しかし、いまや、もう「豊食」や、「グルメ」の時代は、

行き詰ってきたように思います。


みなさんも、そうは思われませんか?


以前、テレビで 「グルメリポーター」

をやっていた人気力士がいたように思うのですが、

彼は若くして、病気で亡くなったと聞いています。


今、「グルメリポーター」 として活躍している、

皆さんもよくご存知の「彦摩呂」さんは、

7,8年ほど前、医療バラエティ番組で、「大腸ポリープ」が

発覚し、「余命4年」 と診断されました。

その時、スタジオで、あわてふためいた 「彦摩呂」さん の姿は、

よく覚えていますね。


それから、しばらく、テレビに姿を見せませんでした。


事務所では、ちょっと「自宅謹慎しているとか・・・」で、

事を表ざたにはしたくなかったように、夕刊紙には出ていました。


いずれにしろ、グルメ三昧を続けるのが、

体に良くなかったのは、明らかでしょう。


また、最近では、病人や高齢者がふえ、

健康ジムに通う人が増え続けています。


病院にさえも、健康ジム の設備を持つところがでてきました。


これらの現象を、追っていけば、つまるところ、

「過食」 と 「運動不足」 にたどりつきます。


少食で難病を治すことにおいては、

おそらく日本で3本の指にはいると思える

故「甲田光雄」先生は、著書を通して、

次のように警鐘を発しておられます。

「・・・誓い将来に迫ってきている食糧不足という危機も、

少食の実行によって、 克服できるし、世界、8億5千万という飢えた人々も

救うことが、できるだろう・・・」

詳しく知りたい方は、この本をご覧下になってみて下さい。

「少食」 がいかにすばらしいかを説いた、決定版といえるでしょう。

「少食の実行で世界は救われる」 [ 甲田光雄 ](楽天)







nice!(0) 
共通テーマ:健康
一日一食 ブログトップ











エンタメ(全般) ブログランキングへ

<プロフィール>

タスケ

abata-①.jpg

関西在住の元カメラマンの端くれです。 

  内臓 壊して現在 自宅療養中です(笑)

高校時代,体操クラブで国体までいったのに、手の負傷で挫折。

大学受験で,東大しか頭に無い指導教師に絶望、そして挫折。

証券会社に就職するも、興味が持てず1年で退職。

挫折が続きました。

その後、写真家へ方向転換。 


しかし、過労で闘病(現在自宅にて)。・・・すべて挫折のダメダメ人間です。    


もうおそいかなあと思いつつ・・・・・・。

今からやり直し人生

を考えているところなのです。

ほんとは、やりたい!思いっきり!

こんなボクの<ささやかな願望>と

<励ましてくれる情報>

発信しています・・・!



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村


<<読まれています>>


ki.jpg
●木村文乃ドラマ「銭の戦争」の感想・透明感抜群の美女!

ヨガ.jpg
●瞑想:超簡単、奇跡的やり方発見しました!

●ピース又吉・小説火花の感想・絶賛!

●大島優子・「銭の戦争」演技ダントツ!

●東京芸術大学入試・挑戦10回30歳で合格! 

ふなっしー・阿川佐和子対話!笑って泣いて大感動!
堀北真希・霧の旗感想・みごとベテラン女優へ!

ノンスタイル石田催眠術閉所恐怖症完治

誰でもできる超簡単瞑想法

末期ガンを自分で治す!

   
太助さんの画像
nice! 26
記事 406
テーマ 健康
プロフィール
ブログを紹介する?




















外為ジャパンの特徴 ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0