So-net無料ブログ作成
小説家になるには ブログトップ

小説家になるには応募が一番と書き続けて18年!遂に新人賞受賞! [小説家になるには]



小説家になるには応募するのが一番良いと考え、
新人賞目指してひたすら書き続けて18年!
連続応募も空しく落選、落選、落選でグッタリ!
しかし、苦節18年! とうとう新人賞を受賞!



小説家になるには新人賞取るのが近道!



小説家になるには、「新人賞」 を受賞するのが良いと、

京都のあるカルチャーセンターで教える文芸評論家

「八橋一郎」さんは、おっしゃっています。


「いま、新人が、書いた小説を、編集者に読んで

もらおうと思ったら、新人賞を撮る以外ありません」


とまで、言っておられます。



最近では、ケータイや、パソコンの普及で、それらに出稿した

小説が、思いがけず評判となり、小説家への道が開けたという

人も、少なくないようではありますが。



さて、大きな話題になったお笑いの又吉さんは、小説「火花」

が純文学雑誌の「文学界」に掲載され、

三島由紀夫賞の候補にも挙がり、続いて、一昨年、

「芥川賞」を受賞しました。


サラッと簡単に書きましたが、実は、「文学界」に
小説が掲載されること自体、大変なことのようですね。


「文学界」に小説を応募する人は、平均すると、

だいたい
1,000~3000名ぐらいはいるようです。

予備軍もいれると、もっと大きな数になると言われます。


そのほとんどが、「文学界」の「新人賞」を得て、

小説家 になる足がかりをつかもうとする人

たちばかりと言っても過言ではないでしょう。

「文学界」新人賞、はいわば、小説家の登竜門のような

存在ですね。




新人賞を受賞した有名作家!



新人賞といっても、いろいろありますが、

ここでは、純文学の新人賞を受けた小説家の

例をご紹介してみましょう。


「石原慎太郎」
「丸山健二」
「深田裕介」
「城山三郎」
「菊村到」
「海堂昌之」

といった感じです。

他にも、相当いるはずです。


この人たちは、のちに「芥川賞」とか「直木賞」

などを取って、大作家になってます。


たぶん「石原慎太郎」は知らない人はないと言って

いいんじゃないでしょうか。

そうです。 元都知事 で 国会議員 でもあります。


23歳の時、当時最年少で芥川賞を受賞した人です。

その前に、「文学界」の新人賞を射止めています。

芥川賞、受賞作小説 「太陽の季節」は当時、世間を

ゆるがせたと言ってもいいほどの社会現象

を引き起こした話題作です。


ちなみに

他の文学新人賞について見てみましょう。


主な文芸誌として「文学界」以外の4つを

挙げてみます。

日本文学の中心的存在となっている文芸誌と

受賞者です。


・ 講談社ー 「群像」  村上龍 
・ 河出書房新社ー「文藝」綿矢りさ
・ 集英社ー 「すばる」 金原ひとみ
・ 新潮社ー 「新潮」  田中慎弥

「受賞者は1例だけ挙げておきました」


文芸誌の「新人賞」は、小説家の登竜門とあって、

小説家を目指す人たちが、こぞって狙う「賞」なのです。



● 苦闘18年!遂に受賞! 夢を達成!



今回は、「文学界」の賞に応募をして、落ち続ける落胆の中、

18年目にしてとうとう受賞したという努力の人を

ご紹介してみたいと思います。


新人賞.jpg
(受賞当時・38)


小浜清志(こはまきよし=64)さんがその人(写真)


小説家といえば多くの人が憧れるように、

小浜さんの場合も、例外ではありません。

手記の中で彼は言っています。


「 ”文学界” 新人賞、それは、何年も前から憧憬

し続けた賞だった! 受賞の夢を何度見たことか?」と。


しかし、投稿をすれども、すれども、落選を繰り返すばかり。

そのたびにダンボールは、その没原稿で

埋まっっていったそうです。


それでも、あきらめられない!

むしろ憧憬は渇望へと・・・。

しかし、

「 時にはそれが、絶望へと変わることがあった 

そうです。

気をとりなおして、さらに、投稿をつづける。

小説を書き続ける。 応募を続ける。

それしか、道はなかった。

1年、2年、3年がすぎ、ひたすら書き続けて、

4年、5年、・・・・・と空しく日が過ぎていく。


高校卒業後、経験したアルバイトは47種にのぼると、

いいます。


28歳の時、都庁の清掃局に勤務し始めたそうです。

一男一女を持つ彼にとって、定職が必要であったに

ちがいありません。

妻子を持ち、働きながら、なおも小説を書き続ける日々。

あてどもない小説を。

幻の、「文学界」新人賞の夢みて。

はたして、賞はやってくるのか?

暗中模索は続く。


そして、とうとうその日がやって来たのです。

応募を繰り返して18年目。


「数えられないほどの投稿で初めて、小説 ”風の河” が

1次予選を通過した。
2次予選も通貨。 
そして最終候補。

まさか、まさか、受賞を知らせる電話を切っても、

僕には、全く実感がわかなかった。」

受賞の知らせを受けた時のことを、

彼はこう述べていました。


つづけて、さらに

「長い間抱き続けた夢が達成されることは

さびしいことなのかもしれない。

たった1本の電話で僕の夢は終った」 と。


「嬉しいにもかかわらず、心は冷えていた」 

とも語っています。


その数年後、42歳の時に彼は、小説「消える島」

という作品で「芥川賞候補」に挙げられています。


60半ばを過ぎた現在、生まれ故郷沖縄を題材に、

なお、小説 の発表を続けているそうです。




nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小説家になるには徹底した技術!コレが作家の辿り着いた結論です! [小説家になるには]

小説家になるには,いったいどうしたらいいのだろう?
最近小説になりたいという人が増えているように思えます。
芸人・又吉さんが近年「芥川賞」を受賞した影響もありましょうか?
小説を書くには、「技術が一番大事だ」とある作家は喝破します。




小説家になりたい人が増えている!



ボクは、報道畑のカメラマンとして、働いていましたので、

しばしば小説家の先生を取材することがありました。


ボクの住む伊丹市には、「芥川賞」の受賞作家が二人います。

宮本輝(69)さんと田辺聖子(88)さんです。


宮本輝さんには、ご縁があって、

一度お話しを聞かせていただいたことがありました。

たしか「シルクロード」を旅した体験だったと思います。


「田辺聖子」さんの方は、

講演に寄せていただいたことがありだけで、残念ながら

直接お話を聞いたことはありません。



ところで最近では、お笑い芸人の「又吉」さんが、2年前に

「火花」という小説で「芥川賞」を受賞したのは、


matayosi.jpg
(又吉さん・36)(ヤフー検索ヨリ)


まだ記憶に新しいですね。

この時は、「又吉」、「又吉」と日本中で話題になりました。

きっと、ご存知の方も多いことでしょう。


そして、5~6年前でしょうか、「西村賢太」という人が

芥川賞を受賞して、この人も、ずいぶん話題を呼びました。


西村賢太①.jpg
(西村賢太さん・49)(ヤフー検索ヨリ)


この人の場合は、「中学卒」で暴力、大酒飲みの荒くれ男という、

作家としては、ちょっと変わった経歴が注目されたようです。


「ウワッ! 俺でも作家になれるかも?」と多くの人に

希望を与えたとも言われました。


この頃、「小説家になりたい」 という人が

増えているらしいのですが、ひょっとしたら、

又吉さんや、西村さんなどの影響があるのかも

しれませんね。



でも、小説家にはそうそう簡単になれるものではないでしょう。

小説家になるには、やはり、それなりの「才能」が必要だと

ボクは思っています。


なので、自分のように、創造力の貧困な者には、

ちょっと無理だろうなと思っていました。



ところがですね、「小説家」になるには、「才能」よりも

技術が必要で、

「小説を書く技術」

をマスターすることが最も大事だというプロ作家

がいました。


小説家になるには徹底した技術が必要だ!



その小説家は、いわゆる「SF作家」と言われる人で

名を「光瀬龍・みつせりゅう」と言います。


光瀬龍①.jpg
(光瀬龍さん)(ヤフー検索ヨリ)


今は、亡くなっていますが、ずいぶん多くの「小説」を

書いた有名な小説家といっていいでしょう。


「日本沈没」という話題作を書いた「小松 左京」

という作家と同じ系列の小説家です。


参考までに、言いますと、先ごろ、アニメ

「君の名は」 が大変な人気を呼びましたが、

これは、「SF系」のアニメです。


「SF」というのは「空想科学」ともいわれています。



例えば、


「君の名は」 で言えば、


「おれがあいつであいつがおれで」(身体の入れ替え)とか、

「タイムスリップ」したりするという現実ではありえないような

設定を言います。


大体、想像していただけるでしょうか?



いずれにしても、「光瀬龍」 というプロの小説家が、

「 小説を書くうえで最も大事なのは

1にも技術、2にも技術である 」


と言っているのです。


それでは、その技術とはいったいどんな技術なのでしょうか?




小説を書くための技術とは!



「光瀬龍」さんは、プロの「小説家」になって

10年を過ぎた頃、


「 小説というものは、精神や感性で書くものではない。

徹頭徹尾、技術で書くものだということに思いいたった 」


と言っています。


それでは、その技術とはどんな技術なのだろうか?

次のように話しています。



 起承転結を明確にする。(確認してみて下さいね)

  登場人物たちの仕事の分担と出し入れをきちっと。

  効果を出すためのリズムと文飾をウマクする。


①②③ を計算しつくしたうえで、初めて

原稿用紙に向かう。


以上で、これは、ビルを建てる前の設計図と同じものである。

私は、これを仕事をしながら、研究し、マスターしていった。


どんな小説でもこなせる ”基礎技術” といえるもので、

プロに必要なのは、それだったのだ 」 と。


さらに、


「 これを知ったうえで、修業を積み重ねていく。

修行というものに、終わりはない。

特に、小説家というものは、一生修行だと思う。」


とつけ加えています。



以上ですが、


小説家になるにはどうしたらいいのかと、

迷っていた人にとって少しでも参考になれば

と思います。


  
  < 関連 記事 >

●  江戸川乱歩賞・応募続けて3年!失踪、ホームレスで書いた受賞作!
  


nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
小説家になるには ブログトップ











エンタメ(全般) ブログランキングへ

<プロフィール>

タスケ

abata-①.jpg

関西在住の元カメラマンの端くれです。 

  内臓 壊して現在 自宅療養中です(笑)

高校時代,体操クラブで国体までいったのに、手の負傷で挫折。

大学受験で,東大しか頭に無い指導教師に絶望、そして挫折。

証券会社に就職するも、興味が持てず1年で退職。

挫折が続きました。

その後、写真家へ方向転換。 


しかし、過労で闘病(現在自宅にて)。・・・すべて挫折のダメダメ人間です。    


もうおそいかなあと思いつつ・・・・・・。

今からやり直し人生

を考えているところなのです。

ほんとは、やりたい!思いっきり!

こんなボクの<ささやかな願望>と

<励ましてくれる情報>

発信しています・・・!



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村


<<読まれています>>


ki.jpg
●木村文乃ドラマ「銭の戦争」の感想・透明感抜群の美女!

ヨガ.jpg
●瞑想:超簡単、奇跡的やり方発見しました!

●ピース又吉・小説火花の感想・絶賛!

●大島優子・「銭の戦争」演技ダントツ!

●東京芸術大学入試・挑戦10回30歳で合格! 

ふなっしー・阿川佐和子対話!笑って泣いて大感動!
堀北真希・霧の旗感想・みごとベテラン女優へ!

ノンスタイル石田催眠術閉所恐怖症完治

誰でもできる超簡単瞑想法

末期ガンを自分で治す!

   
太助さんの画像
nice! 26
記事 405
テーマ 健康
プロフィール
ブログを紹介する?




















外為ジャパンの特徴 ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。