So-net無料ブログ作成
生田絵梨花 ブログトップ

乃木坂46生田絵梨花選挙権得た今年投票行きまーす!皆さんも行って! [生田絵梨花]


乃木坂46メンバー生田絵梨花さんが、選挙券得ました。
今回の参議院選挙には、「投票行きまーす」と語りました。
若い層の投票率を上げる司令塔になってほしいな!






乃木坂46メンバーの生田絵梨花さん(19)は、

今年、参議院選挙の投票に、「行きまーす」と

スポーツ新聞の記者の取材に答えていましたよ。


乃木坂46生田.jpg
(乃木坂46生田絵梨花さん・19)



今年から選挙制度が変わり、18歳以上の人に選挙権が

与えられることになりました。

19歳の生田絵梨花さんにも、投票権ができたというわけです。


「これまでは、20歳から大人の仲間入りと思っていたので、

18歳からと聞いて、急に責任を負わされた感じで

戸惑いがあります」

という風に話していたようです。


その気持ちは、分かるような気がしますね。

僕なんかも、考えてみれば、18~19歳のころは、

正直、選挙への関心なんて、ほとんどなかったもんね。

回りを見てもそんな生徒はいなかったなあ!


これは、学校の程度が低いとか、高いとかの問題じゃなく、

一般的に見て、そうじゃなかったかなー?


今年から、18歳以上が投票しなければならない

ときいたら、ちょっと驚くよねー。



でも乃木坂46の生田絵梨花さんは、秀才の声も高く、

案外、すんなり受け入れられたようですね。

取材に対して、次のように応えていました。


「・・・ニュースなんか、今までエンタメにしか興味がなかったけど、

これからは、政治ニュースも見なきゃ・・」 と


そして、驚いたことに、次のようにも語っていました。


「アイドルが選挙に行こうと言えば、他の若い人たちも、

興味を持ってくれるかもしれない。

乃木坂もこんな機会に力になれたらいいな」 と。



いや、ホントに、そうだと思うね。


乃木坂46の18歳以上のメンバーが、こぞって投票に向かえば、

テレビも、その様子を放映するだろうし、それを見た若い人も、

「あっ、アイドルも選挙、言ってるじゃん!!」

と、大いにその気になって、投票場に足を向けるんじゃないかな!


生田絵梨花さんは、ホントに「いいこと」言ってくれたと思う。



乃木坂46メンバーだけじゃなく、AKB48のアイドル達も

18歳以上は、選挙にいってくれるといいねえ。


皆さんも、そうは思いませんか?


政治について、何もしらなくても、これを機に、

関心が持てるようになれば、いいことじゃないですか!



僕たちの幸、不幸も、政治に左右されていることが、多いのだから。


乃木坂46メンバー生田絵梨花さん、ガンバって下さいね!


もちろん乃木坂46メンバーのアイドルとしてもね。






nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
生田絵梨花 ブログトップ











エンタメ(全般) ブログランキングへ

<プロフィール>

タスケ

abata-①.jpg

関西在住の元カメラマンの端くれです。 

  内臓 壊して現在 自宅療養中です(笑)

高校時代,体操クラブで国体までいったのに、手の負傷で挫折。

大学受験で,東大しか頭に無い指導教師に絶望、そして挫折。

証券会社に就職するも、興味が持てず1年で退職。

挫折が続きました。

その後、写真家へ方向転換。 


しかし、過労で闘病(現在自宅にて)。・・・すべて挫折のダメダメ人間です。    


もうおそいかなあと思いつつ・・・・・・。

今からやり直し人生

を考えているところなのです。

ほんとは、やりたい!思いっきり!

こんなボクの<ささやかな願望>と

<励ましてくれる情報>

発信しています・・・!



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村


<<読まれています>>


ki.jpg
●木村文乃ドラマ「銭の戦争」の感想・透明感抜群の美女!

ヨガ.jpg
●瞑想:超簡単、奇跡的やり方発見しました!

●ピース又吉・小説火花の感想・絶賛!

●大島優子・「銭の戦争」演技ダントツ!

●東京芸術大学入試・挑戦10回30歳で合格! 

ふなっしー・阿川佐和子対話!笑って泣いて大感動!
堀北真希・霧の旗感想・みごとベテラン女優へ!

ノンスタイル石田催眠術閉所恐怖症完治

誰でもできる超簡単瞑想法

末期ガンを自分で治す!

   
太助さんの画像
nice! 26
記事 405
テーマ 健康
プロフィール
ブログを紹介する?




















外為ジャパンの特徴 ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0