So-net無料ブログ作成

「白い巨頭」簡単あらすじ!何故何度も映像化されるのか?その理由? [ドラマ]



こんにちは。
  

いよいよ今日(22)からドラマ「白い巨塔」が始まりますね。
 

白い巨頭.jpg


あらすじについては、他の人たちが、
詳しくかいておられるようなので、

このブログでは、「白い巨塔」 の 概要を
かいつまんで、お伝えするとともに、


「なぜこれほど何度も映像化されるのか?」

その理由について書いてみましたのでよろしく
お願いします。




  <「白い巨塔」簡単なあらすじ >




一言で言えば、

「大学病院を舞台に、野望と権力が渦巻く人間関係と

人間の本質に迫る大作」 といえましょう。




でも、
これではちょっと抽象的で今一つ分からない
という人も少なくないと思いますので
もう少し付け足してみましょう。



ではいきますね。


「 国立大学と言えば、外部からの印象では、
普通、 清潔で誠実な病院 というイメージを
持つ人も多いでしょう。

少なくとも、そうあってほしいと望んでいるはずですよね。



しかし、現実とそのギャップは大きいようです。


ドラマの主人公「財前・岡田准一」は次期教授を狙って、

わいろ、脅迫、はては、土下座まで。

目的のためには手段をえらびません。


大学内部では教授戦をめぐって見にくい権力闘争が
くりひろげられていきます。


権力闘争に関わる人物の「妻」たちの間にも、隠れた

闘争が渦巻き、患者側からは、予想もできない

国立病院の暗部が描かれていきます。


一方、出演者の微妙に揺れる「心の動き」も巧みに
表現されております。


はらはらドキドキさせる重厚な筋運びが、見る側の 気持をエグッテいきますが、最後のどんでん返し的 終末は、大いに感動を呼ぶことでしょう。」


まあ、かいつまんで言えば、
以上のような「ストーリー」といってよいかな?
と思います。





  < 白い巨塔が6回も映像化される理由 >




山崎豊子さんは、小説に取り掛かる前の「取材」
に非常に力を注ぐ作家といわれており、

1作書くのに、半年や1年の取材期間を費やすのは、
珍しくないそうです。


「白い巨塔」 の場合も、入念な取材が行われたと
聞いております。



いずれにしろ「白い巨塔」は、

医学界のドロドロした腐敗を鋭く追及した山崎豊子さんの

渾身の社会派小説なのです。


彼女の一級の傑作小説と最も評判の高い小説
ドラマ化ですので、見ごたえは抜群
言えるでしょう。



小説「白い巨塔」は、最初新聞小説として出発しました。


ところが、終わった時点で、

あまりにも読者の反響が大きく、

約2年後に続編が始まったのだそうです。

作者は最初の部分で「完結」の予定だったと言います。

続編を書くことには不本意だったのだそうです。


そんな山崎さんが2年経って続編に取り掛かった
理由には多々あったようですが、


やはり、何と言っても「読者の反響が大きかった」

ことが理由の一つであったことは見逃せないでしょう。


一回目(1966)「宮田次郎主演」から、今回「岡田准一主演」にかけて
6回目の「映像化」ですので、それだけでも、その
注目度がわかるかというものです。




  < まとめ >


これで、「白い巨塔」のちょっとした概要と、

話題になる理由が少しは分かっていただけた

のではないでしょうか?


要するに、社会派ドラマとして、追随をゆるさねほど

「素晴らしい」 ということに尽きるのではないでしょうか。





それでは、今日(22:ABC)から「5夜連続」9時からです。

どうぞジックリと味わって下さい!






nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

細木数子の後継者は娘!占いはよく当たると科学者は語る!

六星占術で有名な細木数子さんの後継者である
娘のかおりさん(40)が、
21日からテレビに登場することが報じられました。


テレビで見る初代の細木和子さんは
スタジオで対面する形をとっていましたが、
2代目かおるさんの場合は、一般家庭を訪問して
占うというスタイルだそうです。


hosoki.jpg
「細木親娘」<ヤフー検索ヨリ>



最近はスタジオを飛び出して、屋外で取材する
形態の番組が増えていますが、この番組も、
それらとケースは同じようです。



番組制作も大変なようで、ネタ切れ気味なのでしょうか?


一般家庭に乗り込んで、家族の悩みを占うなんて、
ちょっとユニークな番組になりそうな気がしますね。



初代の細木数子さんは、ご存知のかたも多いかと思いますが、

相当な「毒舌家」で知られたホネブトの占い師でした。


占い本も次々にベストセラーとなり、まあ売れっ子の
占い師だったようでしたね。


そんな強気の細木さんも、81歳になられ、年齢には
勝てないということなんでしょうか。


今回は、娘のかおるさんの登板ということに
なったようなのです。



一般家庭での収録では、相手の「生年月日」のみを

聞かされただけでその家庭に突撃訪問するというわけです。



つまり、「生年月日」 を知らされただけで、相手の悩みを
解決しようということなんでしょうね。



さて、「生年月日」 だけでホントに人の先々のことを占ったり
悩みを解決できるものなんでしょうか?


見る側としては、一番興味のあるところですよね。



この点に関しては、レッキとした科学者が

「占いはよく当たります!」

とハッキリおっしゃっています。


私も、それを知った時、「えっ?」 と一瞬
驚きました。


みなさんはどうでしょうか?



そこで、科学者が何故「占いは当たる」と
おっしゃるのか、その根拠はいったい何なのか?

それについて、理由をみてみたいと思います。




  < 占いは何故当たるか? >




「占いは当たる」とおっしゃる人の名は「天下伺郎(てんげしろう)」
という研究者です。


僕は、この人の著書によって、「占いが当たる」ことを知ったわけですが、

それでは、この 「天外伺朗」 という人がどんな人なのか簡単に
ご紹介しておきましょう。


  「天外伺朗」・ プロフイール。

・1942年兵庫県生まれ。
・大手企業で活躍。
・先端技術開発に携わる。


・工学博士
・技術系企業の社長。
・工学系受賞も多い。
・科学技術系評論も発表。


ソニーの創業者「井深大(いぶかまさる)」や、
日本の代表的経営コンサルタント「船井幸雄
は、「天外伺朗」を高く評価しています。


 <著書>

「 ここまで来た”あの世”の科学」 は大ベストセラー。
続く「未来を開く”あの世”の科学」
大変読まれているそうです。

他にも多数の著書があります 」


以上、簡単なプロフイールをご紹介しました。


いずれにしても、この世界では大変知名度の高い
研究者であり、科学者でもあるのです。


そう言うお人が、著書の中で

「占いは当たる」

とハッキリ書いておられるのです。


それについて、すべてをお伝えすることは
とてもできませんが、ここではその「概要」
をかいつまんでお伝えしたいと思います。



それでは、何故「占いは当たる」 かについてですが、


まずその前に、占いというのはけっこう
いろんなのがありますよね。


易経、
算命学、
四柱推命、
西洋占星術、


・・・・等々。


さらに、天から降りてくると言われる

「おつげ」のようなもの。

いわゆる「啓示」といわれるものですね。
そして「自動書記」とか「予言」のようなものもあります。



他にもいろいろあるようですが、
テレビで放映される「細木かおる」さんのは、
算命学とか、占星術に入るようです。



いずれにしても、

「天外伺朗」さんは、

「・・結論からいいますと
占いや啓示というのはよく当たります。」

といっています。



さて、その理由ですが、これを理解するには、

「私たちが生きている現実のこの世界と
目に見えない宇宙でも生きているという
 ことを理解しなければなりません」

とおっしゃっています。


天外さんは、このことを
「この世」と「あの世」という言葉で説明
しておられるのですが、この辺を理解するのには、

先にいいましたように、

「量子力学」「深層心理学」などの知識が
必要となってきます。


そこで、ホントにゴクかいつまんで言いますと、


「 目に見えない世界 = あの世 = 無意識
 の世界には、
”空間がたたきこまれている” と同時に、
”時間もたたきこまれている”

 つまり、あの世=無意識の世界は「全知全能」であるということです」


ということになり、


「このことが予言や占いが当たる理由なのです」

とおっしゃっているのです。


このことだけでは、なかなか分かって
いただけないかもしれませんが、

このことを簡単に理解すること自体に
ちょっと無理があるかもしれません。


一応、「占いは当たる」 と科学者が認めている
ということを知っておいたうえで、

も右少し納得できるように知りたいという方は、


天外伺朗さんの次の「本」を読まれると
いいかと思います。


「ここまで来た”あの世”の科学」
「未来を開く”あの世”の科学」


僕も読みましたが、実例を入れて
とても分かりやすく説明してあります。

「生きていくこと」や「死ぬ」ということ
が実際にはどういうことかも知ることが
できて、とても興味深い本だと思います。

ベストセラーになった、理由もわかるような
きがしますね。



それでは、長くなりましたが、

今回はこの辺で・・・・・・・・。




nice!(0) 
共通テーマ:占い

玄米はガンに最高の効果!ガンの治療について宗像医師は語る!

こんにちは、




3日前に、ガンを患っている方から届いたメールに、

「・・・玄米は、ほんとに、ガンによいのでしょうか?・・・」

とありましたましたので、今日は、そのことを取り上げたいと思います。



先に、結論を言いますと、

玄米には、きわめて高い抗ガン作用があることが分かっています。


実際に食事療法を使用して、ガンを治療するお医者さんたちは、
私の知る限り、すべて、玄米を使用しておられるようです。


最近、動画で見たのですが、ガンを食事療法で
大きな効果をあげておられる「宗像久雄」医師も「
ガン治療に「玄米」を使用しておられると語っていました。

よくよまれている著書に

「ガンは5年以内に日本から消える!」

というタイトルの本があります。


しかし、だからといって、ガン発症した人が、その日から、
本などを頼りに自分で玄米食をされるのは、やはり問題がありましょう。


そこは、食事療法に理解のある専門家とよくご相談の上、
玄米食を取り入れたほうが、賢明だと、私は、考えています。


現に、食事療法で著名な「済陽高穂(わたようたかほ)」医師は、
3大療法(手術、抗がん剤、放射線)推奨しつつ、玄米食を取り入れて、
大変な効果をあげておられます。



さて、話を玄米にもどしましょう。

私自身、「何故、玄米が、ガン治療によいのか?」 長い間、その詳細を知りたいと思っていました。


そして、やっとたどりついたのが、
琉球大学医学部の先生が書かれた著書でした。


この先生は、40年にわたって玄米を研究している、
その道の権威者でもあります。


これまで、「玄米」 は体にいいもの程度の知識ぐらいしかなく、
それが、何故ガンによいのか、長い間模索していました。

この先生の科学的な説明で、「なあるほど」 とつかえていた疑問が一気に氷解しました。

もし、関心がおありでしたら、その本をご覧になってみて下さい。

ガンにとって玄米が何故いいのかがよくわかります。

ガンに悩む人には、非常に強い味方になってくれると思います。


ひょっとすると、近くの書店にないかもしれませんが、楽天には、在庫がありました。

>>玄米は、ガンにとって最高食!(楽天)






nice!(0) 
共通テーマ:健康











エンタメ(全般) ブログランキングへ

<プロフィール>

タスケ

abata-①.jpg

関西在住の元カメラマンの端くれです。 

  内臓 壊して現在 自宅療養中です(笑)

高校時代,体操クラブで国体までいったのに、手の負傷で挫折。

大学受験で,東大しか頭に無い指導教師に絶望、そして挫折。

証券会社に就職するも、興味が持てず1年で退職。

挫折が続きました。

その後、写真家へ方向転換。 


しかし、過労で闘病(現在自宅にて)。・・・すべて挫折のダメダメ人間です。    


もうおそいかなあと思いつつ・・・・・・。

今からやり直し人生

を考えているところなのです。

ほんとは、やりたい!思いっきり!

こんなボクの<ささやかな願望>と

<励ましてくれる情報>

発信しています・・・!



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村


<<読まれています>>


ki.jpg
●木村文乃ドラマ「銭の戦争」の感想・透明感抜群の美女!

ヨガ.jpg
●瞑想:超簡単、奇跡的やり方発見しました!

●ピース又吉・小説火花の感想・絶賛!

●大島優子・「銭の戦争」演技ダントツ!

●東京芸術大学入試・挑戦10回30歳で合格! 

ふなっしー・阿川佐和子対話!笑って泣いて大感動!
堀北真希・霧の旗感想・みごとベテラン女優へ!

ノンスタイル石田催眠術閉所恐怖症完治

誰でもできる超簡単瞑想法

末期ガンを自分で治す!

   
太助さんの画像
nice! 26
記事 404
テーマ 健康
プロフィール
ブログを紹介する?




















外為ジャパンの特徴 ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0