So-net無料ブログ作成

平野歩夢:金に向け一日一食決死で臨んだ5輪!誤審ではと炎上! [平野歩夢]



昨日スノボードの判定誤審だったのでは?




スノーボード「5輪」 平野選手が銀メダルに終わって、

一夜明けた今日、「誤審」 ではなかったか?

という「疑問や投書」でネット上は大騒ぎだと

ニュースで報じられていました。



「えっ?」


僕は、一瞬、テレビに見入りました。


でも結局、審判通り、平野選手の銀メダルが

変わることはありませんでした。



スノーボードは、審判する具体的システムが決まっていない

ことに、問題があるということでした。



どういうことかというと、


例えば、

「フイギュアスケート」 の場合は、一つの技術そのものが

点数化されています。


スピン = ~点
ジャンプ~回転 = ~点


などと。


しかし、スノーボードには、点数化されたものは無く、


高さ、回転、美しさ・・等々の審判員の評価だけです。


つまり、大ざっぱに言えば、


「審判員の見た目」 で決められてしまうのです。



今回「誤審」という疑問を起こしたのは、

金メダルの 「ショーン・ホワイト」 が回転中、

スノボの板の縁にかかる手が 「指先だけ」 だったことでした。


スロービデオで見直すと、「平野選手」 の手は、

しっかり、スノボの縁を握っていました。


報道では、

スノボー雑誌の編集長が、それをハッキリと指摘していました。



テレビ報道のスタジオでは、3人のコメンテーターが

その状況を録画でみていたわけですが、


「これからは、ビデオ判定を入れるべきだ」


と声を大にして、語っていました。


今後、競技のレベルも進化していくでしょうから、

これは、すぐにでも、協議すべき問題ですよね。


あの早い回転状況を 「目視」 だけで

判断するのは、とても無理なことではないかと

思うのは、コメンテーターだけではなく、

大部分の人の思いでもありましょう。



それにしても印象に残ったのは、スタジオから、


「 正確な審判が行われていたら、

結果が変わっていたかもしれませんね 」


という声が洩れていたことです。



一日一食で決死の鍛錬を自分に課した平野




平野選手は、前回の 「ソチオリンピック」 で銀メダルに

輝き、最年少(15)の受賞で、大変話題になりました。


それから4年を経て、

今回(2018)のオリンピックを迎えたわけです。



それからの4年というもの、父親の支援をえながら、

新しい大ワザを完成するため、すべてをそれにかけてきました。


テレビ局の密着取材をみていると、平野選手の「闘志」が

並々ならぬものであることが伝わってきました。



「金を獲るためには、大きな新ワザを取り入れるしかない」


寝ても覚めても 「新案」 を考え続けます。

そして、考案されたのがあの


「1440」 だったのです。


縦2回+横4回転の前代未聞の大ワザ。


「もはや、これしかない!」


それからというものは、前述のように、

父親の見守る中、すべてをこの大ワザの猛特訓に

かけたきたのです。



近くの雪山に大きな 「エアマット」 を設置して、

そのクッションで、安心して空中回転や空中姿勢を

修正する環境をととのえたりもした。



そして、「練習」 だけではなく、さらに「生活習慣」をも

変えていくことになるのです。


尊敬する先輩から勧められていた 「炭酸飲料水」

をやめ、飲み物は、「水」 だけにして、より自然

のものに変えました。


食事は、なんと 「一日一食」 として、厳しく

自分を律したのです。



「一日一食」 といえば、最近 「芸能人」 の中にも、

実践している人がけっこういるようですが、中でも、


「125歳まで生きる」


として、ヨガを行っている 「片岡鶴太郎」さんは、

ヨガの本場インドから「称号」まで受賞しているので、

本格的なヨガ行者といってよいかもしれません。


そんな、片岡さんの食事は、「一日一食」 なのです。


みなさんも、テレビでご覧になったことがあるかも

しれませんね。



簡単に「一日一食」 といいますが、これは

普通の人にとって、なかなか難しいです。


僕も経験がありますが、これは経験して見なくては、

実感がわきにくいだろうと思います。


僕の場合は、病気を治すために行ったのですが、

1か月実践して、スッカリよくなりました。



ただ、僕には「治病」という目的がありました。


しかし、平野選手には、そういう差し迫った目的が

あったわけではありません。


いわば、「精神修養」 のためです。

自分を強くするための「鍛錬」なのです。


それも、平野選手は19歳です。

中高年や初老の人ではありません。


10代といえば、ふつうなら、ただでさえ、

食べたい時じゃないですか。


それを、「2食」をこえて、「1食」でこらえるのです。

それを4年間、通してきたことは、

驚くべき意志力と言わねばならないでしょう。


それに、毎日、暇さえあれば

「腹筋」を鍛えていたそうです。


まさに、平野選手の生活すべてが、

「金メダル」へ向けて進められていたのです。


その結果の「銀メダル」。


ソチ5輪、そして、今回のオリンピック、

共に同じ「銀メダル」でした。



しかし、今回の銀メダルの重みは、

相当なものだったにちがいないと

僕は感じています。


彼も、技術のみならず、「人」 としても

大きく成長したにちがいありません。



次のオリンピックがスゴク楽しみですね。

大いに期待しています。




nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

スノーボード:平野一日一食決死で臨んだ5輪!誤審ではと炎上! [スノーボード]




昨日スノボードの判定誤審だったのでは?




スノーボード「5輪」 平野選手が銀メダルに終わって、

一夜明けた今日、「誤審」 ではなかったか?

という「疑問や投書」でネット上は大騒ぎだと

ニュースで報じられていました。



「えっ?」


僕は、一瞬、テレビに見入りました。


でも結局、審判通り、平野選手の銀メダルが

変わることはありませんでした。



スノーボードは、審判する具体的システムが決まっていない

ことに、問題があるということでした。



どういうことかというと、


例えば、

「フイギュアスケート」 の場合は、一つの技術そのものが

点数化されています。


スピン = ~点
ジャンプ~回転 = ~点


などと。


しかし、スノーボードには、点数化されたものは無く、


高さ、回転、美しさ・・等々の審判員の評価だけです。


つまり、大ざっぱに言えば、


「審判員の見た目」 で決められてしまうのです。



今回「誤審」という疑問を起こしたのは、

金メダルの 「ショーン・ホワイト」 が回転中、

スノボの板の縁にかかる手が 「指先だけ」 だったことでした。


スロービデオで見直すと、「平野選手」 の手は、

しっかり、スノボの縁を握っていました。


報道では、

スノボー雑誌の編集長が、それをハッキリと指摘していました。



テレビ報道のスタジオでは、3人のコメンテーターが

その状況を録画でみていたわけですが、


「これからは、ビデオ判定を入れるべきだ」


と声を大にして、語っていました。


今後、競技のレベルも進化していくでしょうから、

これは、すぐにでも、協議すべき問題ですよね。


あの早い回転状況を 「目視」 だけで

判断するのは、とても無理なことではないかと

思うのは、コメンテーターだけではなく、

大部分の人の思いでもありましょう。



それにしても印象に残ったのは、スタジオから、


「 正確な審判が行われていたら、

結果が変わっていたかもしれませんね 」


という声が洩れていたことです。




一日一食で決死の鍛錬を自分に課した平野




次ページをご覧ください。

コチラです。









nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

平野スノボ最高難度で銀!だが恐怖心に襲われていたのは何故? [平野]

平野スノーボードで銀!目の回る大技!



きのうのスノーボード見ましたか?

平野選手、スゴカッタですねえ。



あの 「横4回転&縦2回転」 の大技!!

世界初の最高難度の 「大ワザ」 だそうです。

見始めると、もう目が放せませんでした。



見ていると、空中で、クルクル回っている姿は、

何回まわっているのかまるで分からない??

素人の僕にはそんなふうに、写りました。



今季、オリンピックスノーボード ・で大きな話題

になっていた男子ハーフパイプ決勝。


19歳の「平野選手」が金メダルなるか?


皆、「ハラハラドキドキ」 で観戦していたに

ちがいないでしょう!


そして、最後に、昨年の金メダル滑走者が登場。


なんと、彼も、平野選手と同じ大ワザをいかけてきたのです。


観衆のドヨメキは一段とたかまります。


一方、かたずを飲んで見守る、日本の応援者!



結果はどうか?


惜しくも、平野選手は、2位(銀)におさまりました。


得点=95,5。




「1位」金メダルは、

ァメリカのショーン・ホワイト選手が獲得。


得点=97,5.


彼は、これで、3度めの「金メダル」を

射止めたことになりました。




平野は金を獲れる大ワザを猛訓練



平野が演じた大ワザというのは、「1440」」。

読み方は「フォーティーンフォーティ」。



実況アナは、「フォーティーンフォーティ」を

呼ぶとき、一層高いトーンになり、絶叫を

繰り返していました。



テレビ局では、この試合に臨むまえの

平野選手の「密着取材」を報じておりました。



それによると、


「金を獲るには、一段難度の高いワザをやらなきゃ、

不可能だ!」

と言って、平野は「新ワザ」に取り組んでいたそうです。


それが、「14040」 だったというわけです。

これが完成すれば 「金」 を狙える!



平野は、このワザにすべてをかけ、猛訓練に挑戦した上で、

今回のオリンピックにのぞんだのでした。



ところが、敵(ショーン・ホワイト)も

おなじことを考えていたのか、決勝で

見せたのは、なんと、平野の大ワザと全く同じ

「14040」 をやってみせたのです。



しかし、それでも「平野」が2位になったのは何故か?



試合寸前の平野には知られざる恐怖感が!


 
試合のあとで放映された 「ビデオ」 では、

平野選手が、人知れず語っていたことがあったのです。


実は、

平野選手の少し前に出場した日本の戸塚選手(16)が、

飛んで着地する際にリップ(縁)に激突して、

自力で動くことが出来ず、「タンカー」で運ばれるという

事故がおこりました。



僕も見ていましたが、すわったまま動けない

戸塚選手をみていて、大事にいたらなければいいが!

と一瞬、るような気がしていました。


カメラに映る観衆たちの心配そうな顔がとても

印象的でした。


もちろん、すぐあとに滑走する平野選手も

つぶさに、その様子をみていたことでしょう。



その時の心境が、滑走直前の「コトバ」

となって、平野選手の口から、つい出てきたのでしょう。


「僕にも、恐怖感がある」


滑りだす直前に、そうつぶやく平野選手を

カメラが捉えていたのです。



同じ高難度のワザを披露してながら、

わずかな差で金と銀とに分かれたというのは、

こういうメンタル部分にもあったのでは

ないでしょうか?


平野選手が出る直前に、発した「コトバ」が

妙に、心に引っかかっておりました。



もちろん、金メダルを獲得した「ショーン・ホワイト」

の力量は、素晴らしいものだとは思うのですが・・・・・。



こういう競技の「メンタル」部分の微妙な影響を

改めて、考えさせられました。








nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ











エンタメ(全般) ブログランキングへ

<プロフィール>

タスケ

abata-①.jpg

関西在住の元カメラマンの端くれです。 

  内臓 壊して現在 自宅療養中です(笑)

高校時代,体操クラブで国体までいったのに、手の負傷で挫折。

大学受験で,東大しか頭に無い指導教師に絶望、そして挫折。

証券会社に就職するも、興味が持てず1年で退職。

挫折が続きました。

その後、写真家へ方向転換。 


しかし、過労で闘病(現在自宅にて)。・・・すべて挫折のダメダメ人間です。    


もうおそいかなあと思いつつ・・・・・・。

今からやり直し人生

を考えているところなのです。

ほんとは、やりたい!思いっきり!

こんなボクの<ささやかな願望>と

<励ましてくれる情報>

発信しています・・・!



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村


<<読まれています>>


ki.jpg
●木村文乃ドラマ「銭の戦争」の感想・透明感抜群の美女!

ヨガ.jpg
●瞑想:超簡単、奇跡的やり方発見しました!

●ピース又吉・小説火花の感想・絶賛!

●大島優子・「銭の戦争」演技ダントツ!

●東京芸術大学入試・挑戦10回30歳で合格! 

ふなっしー・阿川佐和子対話!笑って泣いて大感動!
堀北真希・霧の旗感想・みごとベテラン女優へ!

ノンスタイル石田催眠術閉所恐怖症完治

誰でもできる超簡単瞑想法

末期ガンを自分で治す!

   
太助さんの画像
nice! 26
記事 404
テーマ 健康
プロフィール
ブログを紹介する?




















外為ジャパンの特徴 ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0