So-net無料ブログ作成

又吉:小説「火花」高評価で三島賞候補!自分は何んで生きてるんや?

又吉さんの小説「火花」が高く評価され三島由紀夫候補に!
作家の登竜門ともいわれる三島由紀夫賞を受賞する可能性大!?
又吉さん曰く「自分は何んで生きてるんや?」



こんにちは。


お笑い芸人の又吉さんが、小説 「火花」 で
純文学として、三島賞候補になりましたね。


又吉.jpg


発表されるや、ニュースやネットで、話題沸騰です。


ボクは、お笑い番組がそれほど好きなほうでは
なかったもんですから、又吉さんにも
あまり興味はありませんでした。


又吉さんに関心をもったのは、
たぶん多くの人がそうであるように、
ボクも雑誌「文学界」に掲載された「火花」が、
マスコミを賑わしてからでした。


「文学界」という文芸誌が創設以来4倍の売れ行きを見せ、
さらには、小説「火花」の単行本が、発売、数日たたずで、
35万部に達したというではないですか。

文学小説が発売、ほどなくして、35万部売れることなど、
全く異例のことなんだそうです。

そんなわけで、又吉さんの小説「火花」は
巷で、爆発的な話題をを呼んだようです。


そして、このたび又吉さんの小説「火花」が三島賞候補に
挙がったのですから、もうマスコミやネット上
では、スゴイ盛り上がりを見せているようなのです。



では、又吉さんの小説が、候補になった三島賞というのは、
いったいどんな賞なのでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、ここでどんな賞なのかを
ちょっと説明してみましょう、



 
 ● <三島賞について>


三島賞は正確には 「三島由紀夫賞」 といって、
作家の三島由紀夫(故人)を記念して創設された
文学賞です。


三島.jpg
(三島由紀夫)


三島由紀夫という作家は、かつて、「ノーベル文学賞」
を取るかもしれないとウワサされたほどの作家で、45歳の時、
割腹自殺」 をして当時モノスゴク話題になった作家です。


では、この賞はどんな賞かというと、ある作家は、
小説を選考するときのことを、次のように
語っています。


・ストーリーの巧みさをとるか、 
 
・文章の良し悪しをとるか、 
 
・文学的センスを備えたものをとるか」 と。


この選択からすると、三島賞は、
「文学的センスをそなえたもの」 という風に
分類できるかなと思います。

中でも、三島賞は、新人に与えられる賞でもあります。

まあ、そんなわけで、純文学のジャンルに属する小説
の賞といえると思っていいのではないでしょうか?

もちろん、これは、便宜上ごく簡単に分けただけで、
その辺はご了承くださいね。 (笑)




●<過去の三島由紀夫賞候補者は>


三島賞は知名度からすれば芥川賞ほど知られていませんが、
三島賞候補者の中には、のちに芥川賞を受賞した人がいます。


例を挙げますと、


・三島賞受賞=本谷有希子(34)(過去に芥川賞候補)

・三島賞受賞=いとうせいこう(54)(過去に芥川賞候補2回)


逆に芥川賞候補になったことがあり、
のちに、三島賞を受賞した人もあります。

例を挙げますと、

・三島賞受賞=綿矢りさ(31)(過去に芥川賞候補)

・三島賞受賞=西村賢太(47)(過去に芥川賞候補)

などがいます。



では、又吉さんの小説 「火花」 が、どんな評価を
受けているのか、皆さんも気になるところ
と思いますので、専門家の評価
少し取り上げてみましょう。




 ●<「火花」に対する専門家の評価>



芥川賞作家の中村文則さんは、

面白かった」 と絶賛。しています。

しかし、あまりそうでない人もあります。


大竹明子さん(65)。
小説(川端康成文学賞候補、)評論、エッセイなど
執筆活動をし、写真評論なども手がける論客です。

この方は、
「感動まではいきませんでしたが,読んで損は なかったと思える印象に残った小説でした。」とのべています。


かと思えば、こんな人もあります。



昨年直木賞を受賞して現在作家として、
活躍中の西加奈子(38)さんは、又吉さんの「火花」
について、

「感動のあまり涙を流してしまった」

と報道されておりました。


さらに、こういうコメントもありました。


明治大学の伊藤氏貴准教授です。

「純文学は、人間の多面的な複雑な部分を描く。
自分もそうだということを気づかせてくれる。
他人も自分のような複雑な面を
持っていると気づかせてくれる。

又吉さんはすごくいいきっかけをつくってくれたので、
食わず嫌いの若者たちのために、今後も書き続けてほしい」
(ネット上から引用させて頂きました)


そして、誰よりも、「三島賞」 を又吉さんが受賞するのでは?と
思わせるのがこの人の評です。

それは、文芸誌 「文学界」に又吉さんの「火花」を
掲載した編集長(武藤旬)です。



この方は

「鋭い観察眼と独自の文体を持っている!
知名度のあるタレントだからではなく
大型新人作家として大きく扱いたいと思った」

産経新聞でこう語っているのです。



以上簡単ですが、又吉さんの小説「火花」
に対する5人の感想を拾ってみました。

他にもいろいろありますが、概ね「好意的」
な感想や評価が多かったようです。

特に力強いのは 「編集長」 のコトバですね。

立場上、これまで、無数の作品を読んでこられたでしょうから、
作品の選択眼には、自信を持っておられると思うのです。

というわけで、この人が押しているからには、 又吉さんの
小説 「火花」は、受賞が濃厚だと思えてしかたありません。


さて、最後に、又吉さんは、週刊誌の記者に
こんなことを語っていました。

僕は何のために生きているんや?
考える事が今でもあります」 と。


ここを読んだ時、ボクは、ホッとしました。

実は、ボクも、いまだに、ふと、そういうことを
考えることがあるからです。 (笑?)



    ■  < 関連記事>

 
●又吉直樹:小説「火花」評価は?新人賞なら可!芥川賞候補は実力者揃い!http://tasuanti.blog.so-net.ne.jp/2015-07-10

● 又吉さんの小説家への歩み!  
http://matawarau.seesaa.net/



スポンサーリンク




共通テーマ:お笑い











エンタメ(全般) ブログランキングへ

<プロフィール>

タスケ

abata-①.jpg

関西在住の元カメラマンの端くれです。 

  内臓 壊して現在 自宅療養中です(笑)

高校時代,体操クラブで国体までいったのに、手の負傷で挫折。

大学受験で,東大しか頭に無い指導教師に絶望、そして挫折。

証券会社に就職するも、興味が持てず1年で退職。

挫折が続きました。

その後、写真家へ方向転換。 


しかし、過労で闘病(現在自宅にて)。・・・すべて挫折のダメダメ人間です。    


もうおそいかなあと思いつつ・・・・・・。

今からやり直し人生

を考えているところなのです。

ほんとは、やりたい!思いっきり!

こんなボクの<ささやかな願望>と

<励ましてくれる情報>

発信しています・・・!



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村


<<読まれています>>


ki.jpg
●木村文乃ドラマ「銭の戦争」の感想・透明感抜群の美女!

ヨガ.jpg
●瞑想:超簡単、奇跡的やり方発見しました!

●ピース又吉・小説火花の感想・絶賛!

●大島優子・「銭の戦争」演技ダントツ!

●東京芸術大学入試・挑戦10回30歳で合格! 

ふなっしー・阿川佐和子対話!笑って泣いて大感動!
堀北真希・霧の旗感想・みごとベテラン女優へ!

ノンスタイル石田催眠術閉所恐怖症完治

誰でもできる超簡単瞑想法

末期ガンを自分で治す!

   
太助さんの画像
nice! 26
記事 405
テーマ 健康
プロフィール
ブログを紹介する?




















外為ジャパンの特徴 ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。