So-net無料ブログ作成

ピース又吉・小説火花の感想は絶賛!掲載の文芸誌に激震! [ピース又吉・小説火花の感想は絶賛]

ピース又吉さんの小説「火花」が話題沸騰です!
感想としては、絶賛されております!
「火花」の掲載誌「文学界」の売り上げ急上昇!



こんにちは。

ピース1.jpg
(又吉 直樹=左)


ご存知ですか?
今、お笑い芸人ピースの又吉 直樹(またよし なおき)さんの
書いた小説 「火花」 が、とても話題になっております!


この小説「火花」は、文芸誌「文学界」に掲載されたもので、
今回、2月号が、発売された翌日には、ほとんどの店で売り切れ
となり、即、増刷されたそうです。


「文学界」という雑誌が、創設されて80数年になるそうですが、
こんなこと、初めてのことで、毎月売り上げ、1万部前後らしいのですが、
発売2週間にもならないのに、4万部が出たというのです。


これは、又吉 直樹さんの「火花」が掲載されたのが理由だというのは
明らかで、出版元や、読者の間で、スゴイ評判になっているらしいのです。


「文学界」というのは、文学雑誌の一つで、一般的な、
娯楽小説や、大衆小説の雑誌とは、
ちょっと、趣(おもむき)が違います。

下が、「文学界」という文芸誌です。


(B5版=大きさは大学ノートぐらいの大きさ)



(小説「火花」の掲載された2月号はアマゾンで1月28日に入荷予定だそうです)


いわゆる「純文学」というジャンルに入るもので、
芸術性の高いものといってよいかと思います。


「芥川龍之介」とか「太宰治」とか、
ノーベル文学賞を受賞した「川端康成」なんかの
小説が、そういう分野のものですね。


まあ言ってみれば、「ちょっとムツカシイ小説」
と言えるかもしれません。

それは、文章がムツカシイというより、
内容の理解できにくいものという意味です。


というようなわけで、お笑い芸人の又吉 直樹さんが、
評判になっていると知って、ちょっと驚きました。


これまで、お笑い芸人さんで、小説を書いたり、本を出した人は、
又吉さんの他にも、けっこういましたよね。

たとえば、ダウンタウンの「松本」さんとか、 爆笑問題の「大田」さん、それに「水道橋博士」等々。


でも、お笑い芸人で純文学を書いて、これほど話題になるのは
又吉 直樹さんが最初ではないでしょうか?


テレビのバライティ番組などで、又吉さんが、
本や、小説について語るのを、チラっと耳にしたりすること
はありましたが、この度は、

「えっ? これは本格的やな!」 と驚きました。


そこで少し調べてみたのですが、やはり、これまで、

又吉さんには、「ものを、書こう」 とする 素地(そじ)のようなものがあったようですね。


=======================================

スポンサーリンク






============================================




● <又吉さんの小説に関することなど>


① 趣味は、散歩と読書とあります。

これまで 2000冊 以上読んでいるそうです。

活字が躍りだす夢を見るほどだといいますから、
又吉さんは相当 「活字好き」 ですね。

(ただ読書好きと,小説が書ける ということは別ものです)



② 又吉さんの好きな作家。


・太宰治  ・芥川龍之介  ・古井由吉  ・京極夏彦、  ・中村文則


「太宰治」や  「芥川龍之介」  は教科書などにも出てくる作家なので、
ご存知のかたも多いのではないでしょうか。


・古井由吉は、芥川賞受賞しております。

・京極夏彦、は直木賞を受賞しております。
(直木賞は芥川賞に並ぶ文学賞)

中村文則(36)芥川賞受賞しております。



 ③ 又吉さんの書いたもの


これまで、舞台の脚本を幾つか手がけたことがあります。

・第2図書係補佐 = 又吉直樹x中村文則対談

・冬の本 =    著名人84名によるエッセイ集

・東京百景

・創作四字熟語集





  ③ 小説 「火花」 について、感想など


「二人の漫才師の日々を描いた作品。
自伝的要素を含み、理想と現実のギャップを描いている。」

芥川賞向きであり、一方直木賞向きの作風も感じられるという。

ひょっとして、又吉さんが、どちらかの賞を受賞するかもしれないと
言われるほど、精度の高い作品のようです。

小説 「火花」 に対しての大方の感想、評価を雑誌でみましたが、

「良かった」 「すばらしい」 「好感がもてた」
など、そのほとんどが好意てきのものでした。



  
  ④ <感想例をアマゾンから抜粋した3例>



・投稿者①

「・・中森明夫さんが褒めてたので読んでみたけど、
予想以上に面白かった。

他の人には書けない、お笑いの現場で芸人してた人しか知らない会話、」



・投稿者②

「・・又吉さんが文学界でデビューするとの記事が、
新聞に載っており、とっても興味がわきました。

難しい内容かと思ったら、さっそく笑わせてもらいました。
この先を読み進めていくのが、とても楽しみです。」


・投稿者③

「・・ちなみにウィキでみると作者の前のコンビ名が
”線香花火”だったそうだ。

主人公を筆者の語り口と読むからだろうか、
さわやかな青春小説といった読後感。」



  ー 以上が調べた概略です。ー




お笑い芸人として、一人の本格的作家が
誕生ということになるかも知れませんね!

以前(8年ぐらい前)に、中学しか出ていなくて、
よく暴力をふるい、 おまけに酒癖の悪かった中年男性が、
「芥川賞」を受賞して、スゴク話題になったことがありました。


この時は、
同じような境遇の人が、 「いやあ、これなら、オレも書けるかもしれんぞ」
と、すごく励まされたというようなウワサも聞きました。

ちなみに、その 受賞者(西村賢太さん)の受賞作 
「どうで死ぬ身の一踊り」  もよく売れたそうです。


(どうで死ぬ身の一踊り)


西村1.jpg
(西村賢太さん)


書きながら、その人のことが、ふと思い出されました。

又吉さんは、芸人としてではなく、作家として、花咲く才人かもしれませんね。

いずれにしろ、今、注目の人であることには、違いないでしょう!



       
       ■ <関連記事>


又吉:小説「火花」専門家の評価は?新人賞なら可芥川賞もいけるか?
http://tasuanti.blog.so-net.ne.jp/2015-07-02-1       


<又吉さんの小説家への歩み!>   http://matawarau.seesaa.net/

 ●<又吉:火花が三島由紀夫賞候補に!芥川賞や直木賞とどう違うの?>            http://matawarau.seesaa.net/article/418493161.html?1430876593

 ● <又吉小説「火花」が三島賞候補!自分は何んで生きてるんや?>
https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=81766561

 ● <又吉小説「火花」が本となりランキング1位!早くもベストセラー!>http://mitio123.seesaa.net/article/416381958.html?1427506142

● <又吉読書家・小説書く他・NHKで経済教えてるの?>
http://tasuanti.blog.so-net.ne.jp/2015-03-07







スポンサーリンク




共通テーマ:お笑い











エンタメ(全般) ブログランキングへ

<プロフィール>

タスケ

abata-①.jpg

関西在住の元カメラマンの端くれです。 

  内臓 壊して現在 自宅療養中です(笑)

高校時代,体操クラブで国体までいったのに、手の負傷で挫折。

大学受験で,東大しか頭に無い指導教師に絶望、そして挫折。

証券会社に就職するも、興味が持てず1年で退職。

挫折が続きました。

その後、写真家へ方向転換。 


しかし、過労で闘病(現在自宅にて)。・・・すべて挫折のダメダメ人間です。    


もうおそいかなあと思いつつ・・・・・・。

今からやり直し人生

を考えているところなのです。

ほんとは、やりたい!思いっきり!

こんなボクの<ささやかな願望>と

<励ましてくれる情報>

発信しています・・・!



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村


<<読まれています>>


ki.jpg
●木村文乃ドラマ「銭の戦争」の感想・透明感抜群の美女!

ヨガ.jpg
●瞑想:超簡単、奇跡的やり方発見しました!

●ピース又吉・小説火花の感想・絶賛!

●大島優子・「銭の戦争」演技ダントツ!

●東京芸術大学入試・挑戦10回30歳で合格! 

ふなっしー・阿川佐和子対話!笑って泣いて大感動!
堀北真希・霧の旗感想・みごとベテラン女優へ!

ノンスタイル石田催眠術閉所恐怖症完治

誰でもできる超簡単瞑想法

末期ガンを自分で治す!

   
太助さんの画像
nice! 26
記事 404
テーマ 健康
プロフィール
ブログを紹介する?




















外為ジャパンの特徴 ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0